忍者ブログ
[74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64
 
   47年前の今日、1962年2月6日は私にとって生涯忘れることのできない日です。1月末から2月初旬にかけては、大学生にとって期末試験の真っ最中であり、日頃はサークルだ、学生運動だ、デートだと遊び呆けている(?)学生も、この時期ばかりは勉強のマネゴトをしたものです。特に当時の一流企業といわれる会社は、3年までの成績だけで書類選考をしていたので、皆必死でした。「優」の数が25科目以上というのが、選別ラインとされていたので、2年までの成績が振るわなかった学生にとっては文字通り、「一流大会社」に入れるか否かを決める「一生一度」の学年末試験だったわけです。
 
 そんな多忙(?)な日々を過ごしていた1月下旬のある日、学内の各教室のドアに「R・ケネディ氏講演と討論会」の案内ポスターが一斉に張り出されました。試験勉強に集中していた自分にとっては、何か「?」という感じを受けるポスターでした。「日本の青年学徒に訴う」来聴歓迎 ・・・日本における唯一回の公開講演です・・・という大げさな表現に何か違和感を覚えると同時に、当局側のアセリとオゴリを感じました。
 
 私はその頃、早稲田大学第一政治経済学部学友会(学生自治会)の委員長をしていました。「60年安保」という大きな高揚期が終わり、学生運動も潮が引くような衰退期を迎えていたときでした。
 
 日米安保条約の改定に米当局の「アジアへの軍事的進出」の意図を強く感じ、岸内閣の「戦前体制への復帰」の姿勢に危機感を抱いた、少なからぬ国民は、日本歴史上初の大衆運動、国民運動を展開しました。岸内閣を退陣させ、その後の米当局の「アジアへの軍事的進出」路線に大きな「制約」を与える「民衆運動」でした。
 
 そんな国民大運動も終わり、日本の学生運動も停滞期、衰退期にあった時期をねらって、米国大統領ジョン・F・ケネディ氏の実弟である司法長官ロバート・ケネディ氏が日本に乗り込んできた。そんなふうに私は受けとめました。しかも、日本の学生運動の拠点の一つである早稲田大学に出向いて、学生との公開討論に応ずるという「大胆な意図」も感じました。
 
 開拓者魂を受けつぎ、「フロンティア・スピリッツ」を最高の規範とするアメリカの「建国の精神」「アメリカ民主主義」を携えて来日し、早大で学生との公開討論を強く希望したというR・ケネディ氏の意気込みに何か「感じるもの」が私にはありました。当面の試験勉強は最小限に抑え、R・ケネディ司法長官の学生との公開討論に「しっかりと」応ずるのが学友会委員長としての私の使命ではないかと「腹をくくり」ました。
 
 R・ケネディ氏が学生との公開討論会を希望しているのであれば、学生側は「公開質問状」を事前に準備し、広く都内の学生にも討論会への参加を呼びかけようということが、学友会内部の打ち合わせで決定されました。
 
6項目にわたる公開質問状は一晩で書き上げました。
 
 前文では、アメリカ合衆国の建国の歴史から学び、英国との独立戦争を経て勝ち取った「自由」と「独立」の精神をたたえるとともに、以下の6項目の事項を質す内容です。
 
① 沖縄県民の祖国復帰の願いは、すべての日本国民の願いです。この一致した切実な声に対して、率直に回答されたい。
 
② 「わだつみの悲劇」をくりかえさないためにも、日本国憲法第9条の立場からも日米安保条約の破棄と貴国軍隊の本国引き上げが求められています。日本の「中立化と完全な独立」について、あなたはいかなる考えを持っておられますか。
 
③ 米政府は「アメリカ共産党とその同調団体を外国の手先として登録を強制し、登録を拒否する者に対して1日1万ドルの罰金を課す」と決定したと報道されています。「信念を処罰する」ことを禁じた米国憲法の理念からいっても、多くの批判があなたに集中しています。この問題の最高責任者である司法長官としてこの批判に答えていただきたい。
 
④ 公式の席上で、「西ベルリンの自由を守るためには核戦争も辞せず」と発言されていますが、現在の核戦争が人類になにをもたらすかを十分承知の上で、十分考えた上での発言なのでありましょうか。
 
⑤ ケネディ政権は、CIAを使いキューバ人民共和国に対する武力干渉を行ったことは世界周知の事実です。米国政府は、他国がその住民の意思に基づいてさまざまな政治制度に基づく国家を建設することに同意できないのでありましょうか。
 
⑥ UPI通信は「南ベトナムでの戦闘にアメリカ正規軍が、直接参加している」ことを報じています。これがもし事実であるならば、米政府は民族解放闘争に公然と干渉する方針を決定しているのでありましょうか。これは、諸国民の独立を保障したアメリカ独立宣言といかなる関係にあるのでしょうか。あなたの責任ある回答を求めます。
1962年2月6日
アメリカ合衆国司法長官 ロバート・ケネディ殿
 
 公開質問状を書くにあたり、心に留めたことが二つあります。
一つは、「事実をならべて、道理を説く」という姿勢を貫くということです。二つ目は、米政府の実力№2といわれるR・ケネディ氏を大隈講堂に迎えての公開討論会の場なので、決して「礼を失した」内容や行動はとらないということです。
 
 一つ目の「事実をならべて、道理を説く」という姿勢は貫くことができました。質問状の原稿を印刷会社に持ちこんだ時、5,000円の予算しかないので、5,000枚刷って下さいと頼みました。原稿に目を通した印刷会社の社長は、これはいい内容だ!印刷代はいらないから必要な枚数だけ刷ってやると言ってくれました。ご厚意に甘えて3万枚刷ってもらいました。その公開質問状を当日の朝、都内の主要ターミナル駅や連絡の取れた大学構内で配布しました。
「言葉が人の心を動かし、人の心は世の中を動かす」ということをほんの少し実感することができた体験でした。
 
 二つ目の「礼を失した」行動は決してとらないという点では、いささか反省する点もありました。なにせ3万枚の質問状を駅頭や主要大学の構内で配布したのですから、開会の3時間も前から大隈講堂前は人で埋まり、左翼学生や右翼学生は勝手に「アジ演説」やミニ集会を始めていました。R・ケネディ氏歓迎日本委員会の中曽根康弘委員長も地元群馬県から「青雲塾」のメンバーを200人程度動員したと後で聞きました。
 
 右翼(?)も左翼も動員合戦をしたわけですから、会場内は開演前から騒然としていました。一番バッターに指名され壇上に招かれた私は、「沖縄の祖国復帰」を鋭くせまりました。会場内は「ケネディ、ゴーホーム!」「沖縄をすぐ返せ!」の怒号やヤジの応酬で大混乱となりましたが、最後は「都の西北」の大合唱で「無事」に終わりました。
 
 駐日大使だったライシャワー氏の回顧録によりますと、左翼学生が大量動員をかけ、公開質問状を準備しているとの警備当局の情報を入手していたので、開演直前まで出席中止を検討したようです。「敵に背中を見せるわけにはいかない」とR・ケネディ氏が決断し、大隈講堂に乗りこんできたのが事の真相のようです。文字通り「敵ながら天晴れ」と強く感じました。
 
6日間の訪日のあいだ、行き先々、会う人ごとに「沖縄返還」をせまられたことを大統領に直ぐに報告したと聞いています。それから10年後に沖縄の「祖国復帰」は実現しました。「戦場で失ったものを、テーブルの上での交渉で取り戻す」ことは極めて困難なこととされています。沖縄県民のねばり強い復帰運動と国民の返還運動が実現させたものでしょう。私も、いささかなりとも沖縄の祖国復帰のお役に立つことができたかと、誇りに思っています。自己宣伝になったことをお許し下さい。
 
 不動産との関連で蛇足をつけ加えれば「不動産の取引で失ったものを、交渉(訴訟等々)で取り返すのは極めて困難だ」ということです。取引でだますような相手は、姿をくらましますし、たとえ訴訟で勝っても、弁済する資力がない場合が多いからです。取引や物件の判断でお客さまをしっかりとサポートするのが、私どもの使命であると信じて、日々の仕事を続けています。また「自己宣伝」になりました(*^-^*)
 
 
 
PR
アーカイブ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
高橋雄三
性別:
男性
職業:
不動産鑑定士
自己紹介:

アクセス解析
忍者ブログ [PR]