忍者ブログ
・・・不動産と世相を本音で語り、真剣勝負で生きる・・・
[70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60
 住宅を購入する場合、二つの要因・動機が大きく作用するといわれています。一つは「外部要因」といわれるものです。つまり、これから土地が値上がりしそうだ、あるいは建築資材が上がりそうだという市況の場合、人々の背中を押す作用として働く要因です。
 
 昨今の市況は、土地も建築資材も不況の影響で値下がり傾向を強めています。これは「外部要因」としては住宅購入のブレーキの役目を果たすことになります。しかも、このブレーキ状態はしばらく続きそうです。
 
もう一つの要因が「内部要因」です。これは「子供部屋がほしい」「子供の学校の都合で…」「親との同居」など、本人や家族のライフスタイル、ライフサイクルから発生したものであり、家庭内要因、家族内要因という意味で「内部要因」といわれるわけです。広さ、快適さ、利便性などお金では代えられない充足感・満足感が得られものであり、市況にあまり左右されない、根強いものがあります。
 
 幸い市況はしばらくのあいだ、住宅購入者側に有利な風、つまり買い手市場が続きそうです。じっくり時間をかけて「内部要因」を十分に満足させる物件を探す時間的余裕があります。多くの物件の中から、落ち着いて自分のライフスタイル、ライフサイクルにあった物件を、納得のいく価格で購入することができるわけです。まずは、本人や家族の「内部要因」を十分に検討し、その希望条件を優先させて、気に入った物件が見つかって、ローン返済に無理がないのであれば、購入に踏み切れば良いわけです。
 
 住宅購入の買い控えが広がりつつあり、仲介業者には厳しい時代が予想されますが、住宅購入を考えているお客さまにとっては、選りどりみどりの、ある意味では良き時代の到来ともいえます。
 
 わが社は「早く決めないと、他の人で決まりますよ!」とか、「来年は土地や金利も上がりますよ!」といった「あおり行為」とは一切無縁なビジネススタイルを貫き通してきたつもりです。あくまでもお客さまが納得する物件を見つけることのお手伝いする。そして適正な価格、しかも、売り主も買い主も納得する価格での契約を目ざして、十分に時間をかけるという仕事のスタイルでやってきました。そのような仕事のやり方が世の中から認めてもらえる、光の当たる時代がやっときたのではないかと、心の中では思っています。
PR
アーカイブ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
本音言三
性別:
男性
職業:
不動産鑑定士
自己紹介:

アクセス解析
忍者ブログ [PR]