忍者ブログ
・・・不動産と世相を本音で語り、真剣勝負で生きる・・・
[1]  [2
物件選びや仲介業者選びも大切なことですが、命にかかわる大事なことは腕の良い、経験の豊富なドクターを選ぶことだと云われています。
 
30年程前のことでしょうか。福島駅の東口再開発事業の一環として、「エスタ」ビルの企画立案段階から参画したことがあります。
 
地権者の同意を取り付ける、いわゆる「地上げ」に3年、設計と 建築に2年を予定したプロジェクトでしたが、関係者の理解と協力で、ほぼ予定通り完成しました。
 
完成時は、不動産バブルの真っ只中ということもあって、テナント集めも順調に進みました。
 
「エスタ」ビルを企画・立案したチームも、今から振り返ると、かなりバブルの影響を受けていたことは否定できません。
 
「福島倶楽部」という会員制のクラブをエスタビルの中に設立し、入会金30万円、年会費12万円で、市内の経済人に呼びかけたところ、200人近いメンバーが参加しました。
 
福島県内では100ヶ所を上回るゴルフ場開発計画が企画され、500万円超の会員券が売り出された時代です。
 
福島商工会議所会頭の坪井孚夫氏が理事長だったこともあり、例会は毎回盛会でした。
 
中央財界とのつながりも強かった坪井理事長の話は、情報の質、深さ、速さの点でも類をみないものであり、毎月の例会が楽しみでした。
 
そんな例会のあるときのテーマが「健康維持」でした。市内で開業するM先生の「お喋りな臓器、心臓」の講話のあと、課題は市内で開業するドクターの技量の品定めに移っていきました。
 
でも、ご安心下さい。そこは紳士の集まり、技量の劣る(と思われる)先生のことは話題に上りません。各分野で、腕のいい先生は誰かということが話題の中心です。
 
しかし、本心、本音ではヤブ先生のことを云いたい、聞きたいと思っているメンバーも少なくありませんでした。
 
そんな「空気」を感じ取った坪井理事長が「医者選びも寿命のうち」という話を始めたと記憶しています。
 
医師国家試験に合格し、インターンを終えれば立派な「お医者さま」となるわけですが、腕前の方は……?です。
 
しかも、わが国の医療保険制度の下では、新人もベテランも診療費は同じです。
 
ある意味では、命を預ける立場にある患者にすれば、どこの、どのドクターが腕がいいのかは、文字通り、命懸けの選択でもあるわけです。
 
「医者選びも寿命のうち」という言葉には、そんな奥の深い経験が込められているのだということ学んだことが懐かしく思い出されます。
 
 もちろん、一生一度の買い物ですから、物件選び、業者選びも大切なことには違いがありません。
PR
地震発生から100時間近くが経過しました。行方不明者の捜索が懸命に続けられていますが、無事救出を願うばかりです。
 
‘08年4月28日のコラムでも紹介しましたが、福島市の地震に対する安全性の高さは日本一です。08年版「全国地震予測図」によれば、30年以内に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率は、低い順位で(1)福島市0.1%、(2)盛岡市0.2%、(3)宇都宮市0.3%とダントツの低さです。
 
今回の東北・関東大地震では、幸い福島市は震度5強で、直接的な被害は震源地に近かったにしては少ない方です。
 
家屋の倒壊は若干ありましたが、全壊は少ないようです。
 
福島市内での地震による死亡者は1名と発表されていますが、場所、年齢、性別などの詳細は不明なようです。
 
亡くなった方には、申し訳ありませんが今回の地震で、はからずも福島市と福島盆地の安全性が裏付けられました。
 
とは言っても、福島盆地も絶対安全とは言い切れません。
このコラムでも何度か触れましたが、福島市の飯坂―大笹生―庭坂―佐原地区を結ぶ「福島盆地西縁断層帯」(長さ57㎞、推定する地震の大きさはM7.8)という活断層の存在が分かっています。1,000年に一度も暴れないと言われていますが、頭の隅には置いておくべき情報でしょう。
 
改めて、各地の被災者の皆様には心からのお見舞いを申し上げると共に関係者の文字通りの「懸命」の救出活動には心からの敬意を表します。
 前回、レンズ交換をしてから4年ぐらい経ったでしょうか。強化プラスチック製レンズのコーティングした部分のキズが目立つようになり、そろそろ換えどきかと考えたわけです。
 
 メガネをかけるようになってから30年程です。テニス仲間の友人の薦めもあり、福島駅西口に近い眼鏡店でこの20年ほどフレームを買ったり、レンズを交換したりしてきました。
 
 前回までは、スタッフの対応もしっかりしており、視力の検査や乱視のチェックも丁寧なものでした。
 
 4年ぶりに訪れた店の雰囲気は少し違っていました。見覚えのある人はいなかったし、対応してくれた人は、何となく頼りがいのない感じで、清潔感のない人でした。
 
 20年ほどのお付き合いなので、メガネ店には6~7回分の検査記録が残されています。
 
 この4回ほど視力に変化がないので、今使っているものと同じ度数でいいでしょう、とのことでした。
 
 自分としても、特に使っていて差しさわりはなかったので、同じものでお願いすることにしました。1週間ぐらいで入荷するとのことです。
 
 その日の夜、夕食時にメガネ店のことが話題になりました。妻も同じ眼鏡店でメガネを買っているので、“何となく頼りがいのない人”といっただけですぐにピンときたようです。
 
 年も年なので、視力も衰え、乱視の度数も変わっているかもしれないのに、検査もしないでのレンズ交換は、プロとしての仕事ではないのではないかとの結論に達しました。
 
 その場から、すぐに電話して、訪ねた時に対応してくれたスタッフと話をしました。
 
 4回の検査結果が同じだったので、検査なしでレンズの交換を決めてしまいました。自分の不注意でしたとの返事です。
 
 失礼ですが、何年メガネ店にお勤めですかと聞くと、20数年になります。店主の息子ですとのことです。つまり二世経営者ということです。
 
 その場で、レンズ交換をお断りしました。経験の浅いスタッフが、不注意で判断ミスをしたのであれば許されることでしょう。特に問題とせず、再度訪れて検査をして度の合ったレンズを注文することになったでしょう。
 
 20数年の経験豊かな(?)二世経営者の対応としては、何とも頼りがいのないものですし、店の信用・信頼にもかかわることではないでしょうか。
 
 次の週に、ある人の薦めで、老舗のメガネ店を訪ねました。やはり二世経営者で、清潔感と頼りがいの無い感じの人で、奥からオヤジさんらしき人が心配そうに時々顔を出していました。
 
 時間もなかったので、視力検査は行わず、そのうち来ますと言って店を出ました。
 
 「街のメガネ店」は「待ちのメガネ店」といわれています。人通りの多い街に店を出し、ひたすらお客さまの来店を待つという姿勢だからでしょう。
 
 「街の不動産業」が「待ちの不動産業」といわれていたのと共通している面も多いようです。
 
 いつも訪ねている郊外型書店の隣りにその名も分かりやすい「メガネ・スーパー」というメガネ店があります。
 
 「安売りメガネ店」という印象と思いこみが強かったために、この類の店には入ったことがありませんでした。
 
 今回、思いきって入ってみました。20分程かけて、視力や乱視の検査を受けました。左右の視力バランスが少し変わったこと、右眼は乱視の度は弱いとの結果でした。
 
 納得のいく説明でしたので、その場で決めました。新しいレンズで世の中が少しでも明るく、先行きも見通せるようになれば・・・と少し期待しています。
 
 「メガネ・スーパー」さんはメガネのディスカウント店として35年前の創業で、メガネ・ディスカウント業界の草分けだということも分かりました。
 
 若人向けのメガネ店かと思っていましたが、来店客はお年寄りが多いようです。聴力検査機もあったので、聴力検査を受けてみました。
 
 電話を受けるとき、左の耳が少し聴こえにくい感じがあったのですが、やはり、高音部の聴力が少し落ちているようです。
 
 店を訪れたお客さまに、納得がいくまでの説明をし、お客さまに満足して、安心して買っていただく。商売のイロハ、原点ではないでしょうか。
 
 「メガネ・スーパー」のスタッフの皆さんからは多くのことを教えていただきました。大きな「満足感」をいただきました。ありがとうございました。
アーカイブ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
本音言三
性別:
男性
職業:
不動産鑑定士
自己紹介:

アクセス解析
忍者ブログ [PR]