忍者ブログ
・・・不動産と世相を本音で語り、真剣勝負で生きる・・・
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 13年程前から「海外所在不明者調査」という仕事を始めました。

http://takakan.blog.shinobi.jp/Date/20120831/

 

 移民としてブラジル、ペルー、アメリカ等に渡った日本人の子孫、約200万人のうち、所在不明(日本にいる親族と連絡がとれない)となっている人の所在を探し、日本に残された財産の相続手続きを進めるためです。

 

 主として、公共用地の買収の手続きを円滑に進めるために必要な調査となるわけですが、弁護士や司法書士の先生方からの問い合わせや依頼も少なくありません。

 

 公共用地買収の担当者は、買収予定地に数多くの相続人が存在し、そのうちの誰かが海外に渡り、今は連絡が取れなくなっている事情が判明した場合、大変困ってしまうようです。

 

 わが国でそのような場合に対応し、しっかりした調査をしてくれる能力・ノウハウを持った企業が存在しなかったので、「日本で唯一のビジネス」、文字通りオンリーワンのビジネスとして力を入れてきました。

 

 時間と労力、ノウハウを要する仕事なので採算ラインに達するまでは、持ち出し仕事・ボランティアのつもりでがんばってきましたが、1年程前に強力なライバルが出現しました。

 

 何と、日本外務省が平成26年3月17日付でホームページに「所在調査について」という広報を載せたのです。(http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/shozai/

 

 本来、外務省はこのような調査をもっと早くから、力を入れて取りくむべきだったと感じていましたが、いずれにせよ、大きな進歩であることはまちがいありません。

 

 しかし、所詮はお役所仕事、様々な条件・制約を設定しているので、実際に成果を出せるか否かは定かではありません。

 

 新しい仕事・ビジネスにとって、ライバルの出現は大いに歓迎すべきことです。

 

 なぜかといえば、その分野のビジネスが世の中から必要とされ、発展すると理解する人がそれだけ増えたということだからです。

 

 外務省の「所在調査について」という広報記事も、このコラムを書くに際して、念のためと思って「海外所在不明者・調査」というキーワードで検索をした結果、第2位に出てきたものです。

 

 もちろん、第1位は当社のHPに載っている「海外日系人所在不明者の手がかりを求めて」という記事でした。

PR

地元紙の記者だった友人から、主催する勉強会の運営について相談を受けたことがあります。

 

参加メンバーの選び方と、講師・テーマの選定についてでした。

 

講師とテーマについては、主催者である友人の力量と経験・人脈が問われることであり、私は何も助言しませんでした。

 

参加メンバーについては、人数にこだわらずに、自分の頭でモノを考える人、しかも、本音でモノを言う人に限った方が、面白い勉強会になるのでは・・・とアドバイスしたことがあります。

 

その時に私の頭にうかんだことは、世の中には自分の頭でモノを考えない人がいかに多いかということでした。

 

「学校秀才」「試験成績優秀組」といわれた人は、世の中にゴロゴロいます。

 

でも、なぜか、世に出てはパットしない人も少なくありません。

 

教科書レベルのことを頭につめ込み、暗記さえすれば、学校時代はそれなりに「通用」するのでしょうが、世の中では、ほとんど役に立ちません。

 

正規の学校教育・高等教育を受けなかったのに、しっかりと自分の頭でモノゴトを考え、世の中の変化や人間の心を理解して、自分の力で世の中を堂々と生きている友人・知人も私の周りに多くいます。

 

特に、自分一代で会社を興し、発展させた経営者に共通していることは、自分の頭でモノを考えるという点です。

 

「学校教育が画一主義に陥っている」「全国共通センター入試制度が教育をダメにした」「偏差値中心主義が大問題だ」「思考力を育てない画一主義」と「価値判断の排除」こそ問題・・・。

 

問題点は数多く指摘されています。

 

世の中が大きく変化し、偉い人や国を信じていれば何とかなる時代がとっくの昔に終わっていることは分かっていながら、どうすれば良いのか分からない。

 

自分の頭で考えぬく、自分の理解できない世界のことは、信頼できる友人・知人を質問ぜめにする・・・。そんな覚悟を時代は求めているのではないでしょうか。

昨年の暮れにも書きましたが、不動産仲介業者は、お客さまと接する心構えとして、一期一会の気持ちで応対することが大切だとつくづく思います。
 
茶の湯の教えを説いた言葉で「あなたと出会っているこの時間は、二度と巡っては来ない一度きりのものです。だから、一瞬を大切に思い、今できる最高のおもてなしをしましょう」という意味の、千利休の説いた言葉のようです。
 
不動産事業部を開設し、売買仲介や賃貸仲介の仕事を始めてまもなく6年になります。
 
土地や建物の購入、売却、賃貸のお世話まで入れると600人ぐらいのお客さまのお手伝いをさせていただきました。
 
私どもは、仕事ですから、一寸気を抜くと「日常茶飯事」的な対応になりがちです。
 
しかし、お客さまにとっては、一生一度の高額な買い物、文字通り「真剣勝負」なわけです。
 
この温度差、意識の差、姿勢の差をしっかりと理解し、お客さまの気持ちと一致させることの大切さを「一期一会」という言葉は教えていると理解しています。
 
約600人のお客さまのお役に立てたということは、その4~5倍、3,000人ほどのお客さまとお会いしていることになります。
 
ホームページをご覧になっていただいたお客さまも、私どもの会社とのインターネットを通した「出会い」と考えれば、この2年半で、延べ12万人を超えるお客さまとの出会いがあったことになります。
 
ややもすると、一方通行になりがちなインターネット・ホームページを通した出会いに、どれだけ私どもの「本気度」、「熱い思い」を込めることができるかが問われているわけです。
 
今日も、千葉県にお住まいの方から、ご両親が住んでいた福島市内の家の売却を考えているので相談に乗って欲しいとのメールをいただきました。
 
小社のホームページをご覧になり、相談相手として選んでいただけたわけです。
 
ひと様の信頼に応える、お客さまの信頼に応えて、精一杯のいい仕事をする……、ビジネスの基本であり当たり前のことですが、残念ながら、この業界ではベテラン営業マンと言われる人ほど守りにくいことのようです。
 
誤解を受けやすく、信頼を得にくい業界であり仕事ですが、迷わずに、「お客さまの立場に徹する」という姿勢を貫いていくつもりです。
 
「一期一会」の教えを守り、天に恥じない仕事を続けていれば、世の中の支持と理解は必ず得られると信じています。


******** ご連絡はこちらまで。*********
 
 
アーカイブ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
本音言三
性別:
男性
職業:
不動産鑑定士
自己紹介:

アクセス解析
忍者ブログ [PR]