忍者ブログ
・・・不動産と世相を本音で語り、真剣勝負で生きる・・・
[1]  [2]  [3]  [4]  [5

 「ネット不動産」が不動産流通業を変える。

()高橋不動産鑑定事務所

代表取締役 高橋 雄三

もはや、「インターネットが世の中を大きく変えつつある」ことに異論はないでしょう。その変化には二つの側面があります。

 一つは、情報収集の速さ・安さ・広さ・便利さという、「お客さま」としての受動的な活用です。

二つ目は、ネット・ホームページを活用することで、個人や企業が、自らが情報発信の主体になることができる、つまり、「商人」としての能動的な活用が可能になったことです。

ビジネス活用ということに絞っても、ネットマーケティング、ネットスーパー、ネット書店、ネット予約・・・と、その活用分野は広がるだけでなく、多くのビジネスチャンスを生み出しています。

このチャンスを見逃しては、世の中からとり残されてしまいそうだということは見えてきました。

しかし、自社のHP(ホームページ)を開設し、お客さまに製品やサービスの優れた点や他社との違いを伝えることは「言うは易し、行うは難し」というのも、また、現実であり、事実です。

インターネットと不動産仲介業の相性の良さに気づき、自社の業態を「ネット不動産」に特化して10年が経過しました。まだまだ試行錯誤の段階ですが、不動産鑑定事務所が兼業で行っている不動産仲介業という特色・利点と相まって、県内だけでなく、首都圏のお客さまからも問い合わせや相談が多くなっています。

問い合わせや相談にメールでお答えできるということもネットビジネスの利点の一つです。ネットを活用した不動産仲介業のビジネスモデルはどうあるべきか?どうすればお客さまの心に届くメッセージをHPから発信できるのか?取りくむべき課題は多く残っています。

3年がかりで、不動産仲介業でのネット活用について、同業者との情報交換を通じて得た知識を生かして、「ネット不動産フロンティアノート」として、当社HP上に、全57回にわたり詳細な内容を掲載しております。

業種の違う流通業やサービス業の個人や企業にとっても、ネット活用という面では、お役に立つことが多々あるのでは・・・、と秘かに自負しています。

PR

5年前から連載を続けていた「ネット不動産フロンティアノート」がこの度(株)にじゅういち出版社から刊行されました。

 

書名は、

地方都市での「ネット不動産成功術」 ―キーポイントは「メール営業」―

という長い題ですが、内容は簡潔に分かりやすくまとめたつもりです。


 

主として、不動産仲介業を営む業者向けに書かれた本ですが、一般の方々が、不動産業界の実情を知り、まじめで良心的な業者を選択しようとする場合にも大いに参考になる内容を多く含んでいます。

 

不動産仲介部門を立ち上げて9年、ホームページ・インターネット経由に特化して5年の経験をまとめたもので、出版社のプロの編集者の協力のもとで、1年がかりの仕事でした。

 

このコラムの読者の皆様方にもぜひお読みいただきたいので、先着20名に限り無料で差し上げることに致しました。

 

メール(takakan@topaz.plala.or.jp)なり、郵便なりでお申し込みいただければ、送料当方負担でお送りいたします。

今の時代を一言でいえば、情報化時代・情報発信の時代ということでしょうか。
 
「情報」には、収集・受信する側面と創造・発信する側面の二面があることはお分かりのことでしょう。
 
収集・受信という側面では、新聞に目を通す・テレビを視る・ラジオを聴く・ネットで調べるなど、すべて受け身な行動・受動的な行為であるという点で共通しています。
 
受動的な行為・行動の正反対のことが、能動的、つまり、自らが積極的に働きかける行為・行動であり、情報化時代に即していえば、情報発信ということでしょうか。
 
普通の人にとって、新聞に出る(記事や文章を書く)、テレビやラジオに出演することなどはめったにないことです。つまり、マスメディアとは一方的に発信する情報を、一般人は一方通行で、もっぱら受け入れるシステムだということです。
 
双方向テレビなどといっても、基本は一方通行のマス(大量)メディア(情報伝達)であることに変わりはありません。
 
インターネット・検索エンジンの世界はどうでしょうか。ネットサーフィンなどといわれる、専ら情報収集にネットを利用している人も少なくないようです。
 
ネットが社会を変えるという点では、情報収集の速さ・安価さ・広さ・利便性等々のメリットが大きいことはたしかです。しかし、これはあくまでも受動的な側面にすぎません。
 
ネットメディアが従来のマスメディアと根本的に違うことは、ネットを活用すれば、自らが情報発信の主体・主人公になれるということです。
 
東欧やアラブの春をもたらしたものはネットメディアの普及だったようです。ならば、わが国においては、ネットメディアの普及は何をもたらすのでしょうか。
 
ネット選挙が「解禁」される方向なので、わが国の政治のあり方も大きく変わるかもしれません。
 
日常生活や仕事レベルでいえば、ネットの普及によって世の中がどう変化するのか、ビジネスモデルがどんな影響を受け、どんな新しいビジネスが出現するのかを考えぬき、予測することが求められているわけです。
 
ネットビジネス、ネットマーケティング、ネットスーパー等々、新しい試みが始まり、実績も出ています。
 
ネット時代を生きる個人として考えた場合、インターネットが個々人に与える大きな可能性、ネットが個々人に情報発信の場を提供しチャンスを与えたという側面が最大の変化であり、贈り物ではないでしょうか。
 
ところが、「思いを言葉に」して、情報発信をするということは、実はそう簡単なことではありません。
 
わが国の伝統的な教育・学校教育・受験教育は知識偏重・暗記重視です。特に受験秀才・学校秀才だったエリート層は、100点満点の答案は(昔は)書けても、自分の思いや考えを、たとえ50点~60点でも良いから文章にして発信するという「発想」はどうしても出てこないようです。
 
学校秀才でなかった普通の人々にとってこれはビッグチャンスではないでしょうか。
 
世の中に出てから体験したこと、取得した専門知識、ビジネスや業界をこう変えたいという「志」、実は、これらは世の中が必要としている英知・有用な情報そのものなのです。
 
日本人の美意識、特に「男の美学」からすると、思いは胸に秘めておくもの、とされていました。
 
しかし、ネットの時代は「胸に秘めた思い」を言葉・文章にして発信することが求められているとつくづく思います。
 
自分が苦しい体験を通して獲得したものを言葉として発信する、それがコラムでありブログではないでしょうか。
 
経験や姿勢が本物であれば、必ず相手の心に届くはずです。1回では無理でも、数を重ねることで読む人の心を射抜く言葉・文章が書けるようになるはずです。
 
自分の文章修業も兼ねて、本音のコラムをこれからも続けます。お付き合い下さい。
アーカイブ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
本音言三
性別:
男性
職業:
不動産鑑定士
自己紹介:

アクセス解析
忍者ブログ [PR]