忍者ブログ
・・・不動産と世相を本音で語り、真剣勝負で生きる・・・
[68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 新しい年が明けました。皆様方はどんな年末、年始をお過ごしになりましたか。私は巣にこもって、昨年読んだ本の中で、再読、精読すべく選び出した本を3冊ほど読み込みました。100年に一度の激変、大津波という認識はもうあたり前となりつつありますが、問題はこんな時代をどう生きるか、正確にいえば「どう生き残るか」ではないでしょうか。
 
 ピンチ(危機)はチャンス(機会)という言葉も多く聞かれます。単なる語呂合わせではない、知恵やノウハウが含まれているように思われます。恐らく、今年も「想定外」のことがらが次々と続く一年になるのではないでしょうか。経済界も政界も、そして身近な仕事レベルでも。
 
 そんな時代の対処の手法、生き方として「最悪の事態」に備えるという対応が、少なくともシミュレーションの一つとしては求められているのではないでしょうか。年末、年始に選んで読んだ本もそんなテーマが中心でした。お正月でもあるので、明るいテーマ、未来志向の側面からご紹介します。
 
 それは予測される厳しい事態、その現実をチャンス(機会)ととらえるにはどうすればよいかということです。まず、恐ろしい現実に腰を抜かしたり、目をつぶったりする人はエントリーする資格がありません。巣にこもって、フトンを被って寝ていて下さい。何が起きても逃げ出さず、現実をしっかりと見据え、自分の頭で考えて、考えて、考えぬく人のみが、チャレンジできる、ある意味では「面白い」時代が始まったのではないでしょうか。その理由は以下の三つです。
 
① 皆が同じスタートラインに立つチャンスを持てる可能性が高まること。
つまり、既存の体制、秩序、資産、経験などの価値が一旦ゼロとなり、再スタートの時は、多くの人に機会が与えられるということではないでしょうか。
 
     未知の分野、未開の分野への挑戦が可能となること。
今の危機は、100年に一度、水野和夫氏によれば500年に一度の「歴史の峠」越えが求められているということのようです。これは見方を変えれば、未知・未開の分野にチャレンジするチャンスを神様が与えて下さっているともとれます。勇気をふるい立たせ、挑戦するに値する時代であり、テーマではないでしょうか。
 
③ 人の全能力、総合力が試される時代。激動の時代に求められる力、能力は何でしょうか。
経済力(資産力)や学力だけでないことは確かです。激動の時代には、資産価値も激変します。株式、債券、貨幣(外国通貨を含む)などのペーパー資産は安全資産とは云い切れません。ましてや国債などは、国が財政破綻すれば、紙切れになることは、ロシアやアルゼンチンの例をみるまでもなく明らかです。ゴールドや不動産などの実物資産は下振れリスクはあるものの、比較的安全な資産といえるでしょう。
学力はどうでしょうか。受験に強く、高学歴といったレベルの学力が通用しないことは、これから一層明らかになるでしょう。語学力や法律、会計、製造技術、医療技術などの専門分野で実務・実技に裏づけられた専門的知識や実務能力を有する人は、どんな時代でも生き残る力は強いはずです。しかし、これだけでは時代を切り拓くことはできません。単に生き残るだけでなく、事業を伸ばし、地域を発展させるために今求められている能力は何でしょうか。それは体力、気力、知力、胆力、先見力、信用力、金力・・・の総合力ではないでしょうか。それにしても「面白い時代」の幕が開いたようです。
 
・・・少しはお役に立つ点があったでしょうか。
PR
アーカイブ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
本音言三
性別:
男性
職業:
不動産鑑定士
自己紹介:

アクセス解析
忍者ブログ [PR]