忍者ブログ
・・・不動産と世相を本音で語り、真剣勝負で生きる・・・
[114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [109]  [108]  [107]  [106]  [105]  [104
不動産事業部を立ち上げ、売買仲介、賃貸仲介を始めてまもなく5年になります。
 
福島市内を中心に、売り物件の情報を数多く提供し、お客様の物件選びのお手伝いができれば、ビジネスとして成り立つのではないかといった程度の認識でのスタートでした。
 
ホームページでの認知度が高まるにつれ、売り物件の相談を受けることも多くなっています。
 
売地や売家(中古住宅や中古マンション売却)の相談を受け、売却依頼(業界用語で専任媒介契約といいます)を受ける際に、いっそあなたの会社で買い取って欲しいと頼まれることもよくあります。
 
そんな場合、以下の三つの理由で買い取りは丁重にお断りすることにしています。
 
①買い取りをする業者は、資金面で大きなリスクを負うことになります。銀行からの借入額は青天井になるし、早期売却ができなければ、資金が固定化するからです。
 
②買い取り業者は資金固定化・巨額化のリスクを避けるために、お客様の立場でなく、自社の立場を優先して、無理な営業をするようになりがちです。
 
つまり、自社物件(買い取った物件)をお客様に、結果として押しつけるような営業姿勢になりやすいわけです。
 
③このようなリスクを取るためには、買い値は相場の半値ぐらいで買わざるを得ない場合が多くなります。
 
これでは、売り主としてのお客様の利益にもならないし、しつこい追いかけ営業をされる買い主としてのお客様の迷惑にもなるわけです。
 
こんな理由で、わが社は買い取りはいたしませんと説明をしています。
 
不動産仲介業は、売り主、買い主いずれとも信頼関係がなければ、成り立たないビジネスだと考えています。
 
物件の買い取りをするということは、まず買い主となって物件を取得し、次は売り主となってお客様にその物件を売却することです。
 
これは、仲介の立場を超えて、取引の当事者になることであり、どうしても自己利益・自社利益が優先されることになりがちです。
 
こんな理由で物件の買い取りは、やらないことにしていますし、将来もやらないつもりです。
 

PR
アーカイブ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
本音言三
性別:
男性
職業:
不動産鑑定士
自己紹介:

アクセス解析
忍者ブログ [PR]