忍者ブログ
・・・不動産と世相を本音で語り、真剣勝負で生きる・・・
[249]  [248]  [247]  [246]  [245]  [244]  [243]  [242]  [241]  [240]  [239
本音のコラムと「ネット不動産フロンティアノート」で、わが国の不動産仲介業界の課題や問題点について度々指摘してきました。
 
最大の問題点は、業界体質が不透明であること、つまり、売り主にも買い主にも業界内部のことがよく分からない、はっきり言えば、ブラックボックスであることです。
 
インターネットがこれだけ普及し、物件情報や会社情報は居ながらにして入手できるのに、業界情報、特に一般消費者に知られたくない業界の裏情報は、なかなか表に出てきません。
 
仲間同士でかばい合い、オイシイ話とオイシイご馳走を分け合う、旧態依然とした体質は、内部からの変革は難しいものがあります。
 
力のない業者や営業マンが旧い業界体質を批判しても、業界全体を変えていく力にはなりにくい上に、下手をすれば、同業者や業界から「村八分」にされかねません。
 
しかし、時代は変わりつつあります。インターネットとホームページを活用することで、旧い業界体質から距離を置いても、個人売り主と個人買い主のネット上での「出会いの場」を設定し、真に消費者(売り主・買い主)の立場に立つ「志の高い仲介業者」が間に入ることで、業界の透明化と消費者利益の最大化が実現できる可能性が見えてきました。
 
追い風も吹いています。国交省は、全国で750万戸の中古住宅が空家になっている現状を打破しようと、住宅リフォームと中古住宅の流通促進のために本気で取り組みを始めました。
 
「不動産屋は笑顔のウラで何を考えているのか?」という著書を昨秋発売した大友健右氏は、業界のブラックボックスの仕組みとカラクリを大胆に暴露しています。
 
大友氏の偉いところは、単に旧い体質を批判するだけでなく、その体質を変えるための具体的な行動を起こしたことです。
 
「ウチコミ」(http://www.ultimate-souken.co.jp/)というネット上で売り主と買い主が出会えるプラットホームを立ち上げ、実際に運用を始めました。
 
当面は、首都圏中心のようですが、実績を作りながら全国展開も頭に入っているようです。
 
先日上京した折りに、「ウチコミ」を運営する(株)アルティメット総研の幹部と会い、意見交換をしてきました。
 
お客様の方を向かないでいる、旧い体質のこの業界を何とかして変えていきたい。インターネットを活用し、全国の心ある業者とのネットワークを築けば、必ず実現できるという点で思いは全く同じでした。
 
業界変革にチャレンジする。新しい目標が一つ追加されました。力が湧いてきました。
PR
アーカイブ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
本音言三
性別:
男性
職業:
不動産鑑定士
自己紹介:

アクセス解析
忍者ブログ [PR]