忍者ブログ
・・・不動産と世相を本音で語り、真剣勝負で生きる・・・
[225]  [224]  [223]  [222]  [221]  [220]  [219]  [218]  [217]  [216]  [215
  宅地建物取引業界は、毎年、5%弱の新規参入と5%強の廃業のある業界です。
 
 平成10年時点で、宅建業の免許を保有していた業者が、平成20年には約半数が消えていったことになります。
 
 入れ替わりの激しい業界だということがわかります。その原因としては、インターネットの普及に対応できない業者が退出したことに加えて、物件価格も下落して、手数料収入も減少したことが考えられます。
 
 さらにいえば、インターネットを活用することで、お客様は別件情報を容易に入手できるだけでなく、お客様本位にしっかりとした仕事をする会社であるか否かも判別する手掛かりを持ったということの結果ではないでしょうか。
 
 いい仕事をする業者・会社だけが生き残れるということは、お客様にとっても、業界にとっても、大変良いことではないでしょうか。
PR
アーカイブ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
本音言三
性別:
男性
職業:
不動産鑑定士
自己紹介:

アクセス解析
忍者ブログ [PR]