忍者ブログ
・・・不動産と世相を本音で語り、真剣勝負で生きる・・・
[153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144]  [143

10年程前に、不動産の売買仲介業の現状と問題点について本格的に調べたことがあります。

 

買い物をする際に、商品の説明をしてくれたり、代金の支払いの手伝い、場合によって値段を下げる交渉をしてくれたりする店員(不動産の場合は仲介業者)に料金(仲介手数料)を支払うというシステムがよく理解できなかったことが動機の一つでした。

 

宅建協会伊達支部の新年会に招かれ、不動産仲介業の未来像についてのセミナーを依頼されたことも契機でした。

 

丁度、インターネットが本格的に普及しはじめた時期でもあり、「インターネットは中間業者の地位を脅かす」のではないかという議論が盛り上がっていました。

 

ビジネスでの利用という側面からインターネットを定義づけると、中継機能の排除、つまり中継機能・仲介機能にとってかわる存在だと強調されていました。

 

B(ビジネス)to Bとしての中間流通業者は排除され、存立基盤を失うとまで言われたものです。

 

不動産仲介業は、典型的な中間流通業です。しかし、B to Bではなく、大部分がC(コンシューマー)to Cのビジネスです。

 

家や土地を売りたい人は、インターネット上に売り物件の情報を発信すればよい。買いたい人はインターネットでその情報を探し出し、直接、当事者どうしで交渉をすれば、仲介業者など不要だし、手数料もかからないといった議論でした。

 

その後の10年間の推移を振り返ってみると、仲介業界もお客さまも、大きく変わった面と基本的に変わらない面があります。

 

インターネットの利用という点では大きく変わりました。

 

まず、仲介業者の大部分はインターネット・ホームページで物件情報をお客さまに知らせる方式を採用するようになりました。広告チラシの配布は情報量も少なく、経費的にも無理だからです。

 

お客さまも、インターネットを利用すれば、自分の希望する地域、種別、価格の物件情報をいくらでも入手できるようになりました。

 

しかも、物件情報だけでなく、その会社のホームページをよくチェックすれば、会社の営業姿勢、経営者の理念、営業マンの人柄まで分かるようになったのです。

 

10年前の予測よりも、機能としても内容としても大きく進んでいます。

 

しかし、変わらなかったこともあります。

 

インターネットがこれだけ普及しても、仲介業者の役割が不要になったり、減少しなかったことです。

 

でも、その中味、仲介業者の役割は大きく変わりました。

 

物件情報の発信機能は相対的にその役割が低下し、代わって、お客さまの取引の安全・安心をサポートする会社がここにありますよという「信頼醸成」機能が重要になったということです。

 

お客さまの立場になって考えてみればすぐに分かることですが、一生に一度か二度の高額の買い物をするのですから、物件の選択と同じように、信頼できる会社選び・営業マン選びは大切なことです。

 

インターネットの普及は仲介業者の役割を低下させ、排除するのではなく、むしろ、その役割の重要性を浮かび上がらせたといえるのではないでしょうか。
 

PR
アーカイブ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
本音言三
性別:
男性
職業:
不動産鑑定士
自己紹介:

アクセス解析
忍者ブログ [PR]