忍者ブログ
[137]  [136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127


 

 昨日、福島商工会議所の不動産業部会(この10年程、副部会長をやっています)のメンバー18名と一緒に、山形市の中心商店街である七日町の「街づくり」を視察してきました。

 

 まず、昼食を兼ねて、紅花の豪商として名高い長谷川家の母屋や蔵を活用した「紅の蔵」を見学しました。

 

 第三セクターである山形市開発公社のプロジェクトですが、開業4ヶ月で年間目標である1万3千人の入込客を突破したそうです。

 

 案内をしてくれたコーディネーターの堀野秀子さんは、このプロジェクトのために民間会社からスカウトされた人です。

 

 開業にあたってのコンセプト、ターゲット、店舗構成などの「企業秘密」を惜し気もなく教えてもらいました。

 

そば処「紅山水」は、行列ができる程の繁盛ぶりでした。中心商店街にありながら、駐車場も広く、悩みは、無断駐車・目的外駐車が少なくないことだそうです。

 

これも、考えようによっては、他の店の買い物客なわけですから、活性化には役に立っていると割り切る以外はないようです。

 

旧松坂屋デパートの空店舗活用プロジェクトは、立地条件の良さを活かして、高校生の若者から主婦、高齢者までをターゲットにした施設ですが、高齢者のフロアー以外は苦戦しているようです。

 

高齢者向け賃貸マンション「ガーデンテラス七日町」は、オープンしたという事情もあってか、入居者はまだ少ないそうです。

 

土地の所有者が建物の本体部分を建築し、テナント(山形県住宅生協)が、25年の定期借家契約で借り受けて、60才以上の入居者のサポートをするという方式です。

 

公的な助成を全く受けない施設のためか、35㎡(10.5坪)で約15万円と家賃はやや割高なようです。

 

山形市は、都市の特性としては、福島と喜多方の良さを併せたような良さを持った都市という印象です。

 

中心市街地の活性化に力を入れ、中心部に市内の老若男女に加えて、外部の観光客も呼び込もうという意気込みが感じられます。大いに学ぶことがありました。
 

PR
アーカイブ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
高橋雄三
性別:
男性
職業:
不動産鑑定士
自己紹介:

アクセス解析
忍者ブログ [PR]