忍者ブログ
・・・不動産と世相を本音で語り、真剣勝負で生きる・・・
[239]  [238]  [237]  [236]  [235]  [234]  [233]  [232]  [231]  [230]  [229
 土地や建物の売買をお世話する仲介業者に対する世間の目には厳しいものがあります。
 
 特に中古住宅の取引の場合、売り主(持ち主)は建物の良いところも、悪い面もよーく分かっているわけです。
 
 買い希望者は、はたして本当に良い物件なのか、値段は適正なのか、大いに迷うわけです。
 
 こんな場合、間に入った仲介業者はどう対応すれば良いのでしょうか。
 
 土地が毎年値上がりする時代、売り手市場だった頃ならば、少々問題のある物件でも、何年かすれば、物件のキズは価値が癒やしてくれました。しかし、買い主の心のキズは癒やせません。永く残ります。
 
 そんな時代が永く続いた後、不動産価格の下落の時代が始まりました。時代は、買い手主導、買い手市場に根本から変わったのです。
 
 加えて、インターネットで調べれば、どの仲介業者がお客様本位で良心的な仕事をする業者であるかが分かる時代になったのです。
 
 物件選びだけでなく、業者選びもインターネット・ホームページは可能にしました。
 
 ブログやコラムを通して、経営者やスタッフが積極的に企業理念や仕事に対する姿勢をお客様に伝えることが可能になったし、お客様もある程度の時間をかければ見分けることができるようになったのです。
 
 従来の、仲介業者に対するマイナスイメージを解消し、本当の良い仕事をする業者か否かをお客様に見分けてもらうことができるようになったという意味では新しい時代が始まったわけです。
 
 中古住宅は玉石混淆、仲介業者もピンからキリまでの時代を早く終わらせ、お客様が安心して中古物件を売ったり、買ったりできるようにするのが仲介業者の仕事のはずです。
 
 逆選択=お客様の業者離れ、業者見限りをいち早く対応し、お客様に選んでいただける仲介業者になることが、今、求められているのではないでしょうか。
PR
アーカイブ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
本音言三
性別:
男性
職業:
不動産鑑定士
自己紹介:

アクセス解析
忍者ブログ [PR]