忍者ブログ
・・・不動産と世相を本音で語り、真剣勝負で生きる・・・
[168]  [167]  [166]  [165]  [164]  [163]  [162]  [161]  [160]  [159]  [158
不動産仲介業、特に賃貸仲介業は、鮮度の良い物件情報を発信することが大切だとされています。
 
賃貸情報誌やチラシ広告では、どんなに急いでも、出稿→印刷→校正→配送の手順を踏んだ作業に5~6日はかかります。つまり、1週間前の情報を、お客さまに届けているというのが実情です。
 
これでは、インターネット活用のホームページに速さ、鮮度という点でも勝てるわけがありません。
 
いつも間にか、賃貸物件はチラシ広告に載らなくなりました。しかし、月刊の賃貸物件情報誌はまだ「健闘」しているようです。地域内の賃貸物件の概要を調べ、家賃の相場を知るというメリットがあるからでしょう。
 
しかし、「鮮度が命」とされる情報産業としてみた場合、最新情報でも1週間前の情報だという点は「致命的」なのではないでしょうか。
 
特に「賃貸仲介の繁忙期」となる2月~3月は、転出に伴う空室増加と、転入・転居に伴う物件探しが重なって、仲介業者はテンテコ舞の季節です。
 
仲介業者がテンテコ舞をするのは、仕事に関わることですからやむを得ないとしても、満足できる・納得できる物件を短期間で決めなければならないお客さまを「キリキリ舞」させるようではプロとして失格なのではないでしょうか。
 
この解決策の一つに、賃貸仲介のデータベース利用があります。市内の賃貸マンション、賃貸アパートの間取り図や家賃、所在地、内外の写真等をデータベースとしてパソコンに蓄積するやり方です。
 
入居者が転居し、空室になった時に、ボタン操作一つでホームページ上に賃貸物件として表示できるシステムです。
 
同じように、入居者が決まり、入居済物件となった時は、ボタンを一押しするだけで、物件データベースの奥にしまい込まれるシステムです。
 
当社が、常時700件以上の賃貸物件情報をホームページ上に掲載できるのも、このデータベースを最大限に活用しているからです。
 
情報は鮮度が命、データベースは量と質が命、この言葉を心に刻んで来るべき繁忙期に備えます。


******** ご連絡はこちらまで。*********
PR
アーカイブ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
本音言三
性別:
男性
職業:
不動産鑑定士
自己紹介:

アクセス解析
忍者ブログ [PR]