忍者ブログ
・・・不動産と世相を本音で語り、真剣勝負で生きる・・・
[167]  [166]  [165]  [164]  [163]  [162]  [161]  [160]  [159]  [158]  [157
このほど公表された不動産業・宅建業の統計数字によると、この20年間で業者数は17,418社減少しています。
 
今年の3月末現在の登録業者が126,882社ですから、20年間で12%(年率0.6%)減少したことになります。
 
数年の宅建業の開業率は3.5%程度ですから、廃業率は4.1%となります。
 
この比率を大きいと見るか、意外と小さいと見るかは、見方の分かれるところですが、私は思ったより少ないと見ました。
 
新規に開業する不動産業者は、総てがインターネット・ホームページ中心のいわゆる「ネット不動産」業者です。
 
200万円程度の業者登録・協会加入費用と100万円程度の開業費用があれば創業できるわけですから、ある意味では手軽に開業できる業界なわけです。
 
しかし、手軽に開業できることと、気楽に経営できることとは大違いです。
 
いくら、世の中がネット時代になったとはいえ、ホームページに物件情報を多数掲載すれば、お客さまが自然と集まる時代はとっくの昔に終わっています。
 
否、昔も今もそんな時代はなかったと言った方が正確でしょう。
 
宅建主任者の資格さえ持っていれば、何とか通用した時代は、古き良き時代だったのかもしれません。
 
宅建主任者の資格プラス、ホームページの操作技術、さらには業務知識と経験が最低限度必要とされます。
 
不動産仲介業の世界が、インターネットの普及によって大きく変化したと同じように、そこで仕事をする人間も大きく変わることが求められているのではないでしょうか。
 
かつては、不動産業の従事者は、世の中からあまり信頼されていませんでした。今は、ホームページをじっくりと比較・検討することで、お客さまは、どの会社、どの営業マンが信頼に値するかが、前もってよく分かるようになったのです。つまり、お客さまは会社を選べる時代になったということです。
 
これは、お客さまにとっても、真面目に良い仕事をしようと心懸けている業者にとっても、大変によいことではないでしょうか。
 
福島市内でも毎年10数社が新規に開業します。総てネット中心の仲介業であり、意欲に燃えた人々です。
 
新しく参加する仲間が、旧いしがらみを捨て、透明性のある仕事をすることで、少しでも世の中の役に立ち、業界の信頼の向上がはかれるのではないかと、大いに期待しています。


******** ご連絡はこちらまで。*********
PR
アーカイブ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
本音言三
性別:
男性
職業:
不動産鑑定士
自己紹介:

アクセス解析
忍者ブログ [PR]