忍者ブログ
・・・不動産と世相を本音で語り、真剣勝負で生きる・・・
[175]  [169]  [168]  [167]  [166]  [165]  [164]  [163]  [162]  [161]  [160
当社が不動産仲介業を始めて、まもなく6年になります。
 
当初の3年間は、毎月1回、200件以上の売買物件を掲載した新聞折込チラシを福島市内に配布する方式を続けました。
 
2年目からは、ホームページも開設して、より詳細な物件情報を発信できる方式と併用し、チラシとホームページでどちらが費用対効果の成績が良いのかを慎重に試してみました。
 
3年目には、ホームページを見たお客さまからの問い合わせが、チラシを見たお客さまからの問い合わせを上回るようになりました。
 
そこで、4年目(3年前の4月)からは、新聞折込チラシを完全に止めて、ホームページだけにしました。
 
おかげさまで、今では、ホームページのアクセスが毎月約4,500件、電話・メールでの問い合わせに直接来店されるお客さまを加えると150人前後のお客さまから問い合わせ・来店をいただけるまでになりました。
 
業界内部の話題で恐縮ですが、チラシ広告を止めるべきか続けるべきか、議論が盛んです。
 
不動産仲介業も、世の中の不況の影響を受けて、大変な業界となっています。
 
同業の経営者や営業マンとは、できるだけ会う機会を多くして、これからの仲介業界のあり方、生き残り策について、話を聞くようにしています。
 
少なからぬ経営者が、
「紙の広告を止められないのは、恐怖心なのかもしれません……」
「何となく効いているような気がするので……」
「例年出しているので……」
といった感じてチラシ広告を続けているようです。
 
不況になると余計に止めにくいのが、目に見える紙の広告だといわれています。止めてしまうと、顧客と出会えなくなってしまうのではないか……、という恐怖心が強いからでしょうか。
 
幸い、当社では紙の広告とホームページ広告(ホームページ上での情報発信)とを約2年間にわたって比較検討したので、迷うことなく、紙の広告を止めることができました。
 
紙の広告・折込チラシ広告の場合、10,000枚を配布して1件の問い合わせがあれば良い方でした。3年前の実績ですから、今ではもっと問い合わせ率は悪くなっているようです。
 
風雪は人を鍛え、不況は経営者を強くする、といわれています。
 
どんなに厳しい不況になっても、政治が悪い……、世の中が悪い……、などと他人のせいにしないで、自分の頭で考えぬき、世の中の変化をしっかりと見据えて、工夫をこらせば、必ず道は拓けるものと信じています。
 
守るべき原則はただ一つ。
お客さまの最も身近なところにいる、お客さまを決して裏切らないということではないでしょうか。


******** ご連絡はこちらまで。*********
PR
アーカイブ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
本音言三
性別:
男性
職業:
不動産鑑定士
自己紹介:

アクセス解析
忍者ブログ [PR]