忍者ブログ
[309]  [308]  [307]  [306]  [305]  [304]  [303]  [302]  [301]  [300]  [299

 度胸・勇気は、今の世の中で最も求められているものではないでしょうか。

 

 清水の次郎長を引き合いに出すまでもなく、八九三の世界では、今でも度胸の良さが絶対必要条件だそうです。

 

 ヤクザ稼業といわれる業界の一つに政治の世界がありますが、度胸の据わった政治家は、ちょっと見当たりません。

 

 数を恃んで、無理押しをするレベルの与党幹部はゴロゴロ目につきますが、私の目が歪んでいるのか、曇っているせいか、主義・主張に殉ずる覚悟の見える現役政治家は寡聞にして知りません。

 

 小泉純一郎元総理は、その点でとびぬけている政治家だといえそうです。任侠政治家「小泉又二郎」氏の三代目だけあって、度胸は据わっているようです。

 

 7年前に現役を引退し、二男の小泉進次郎氏が同一選挙区で3選となり、自民党のホープとみられているようですが、元総理自身は、一度も息子の応援演説に立ったことがないとのことです。

 

 自分の力で、政治の世界で「のし上がれ」との「親心の発露」なのでしょう。

 

 その小泉元総理が「トモダチ作戦被害者支援基金」( http://www.jsbank.co.jp/38/tomodachi_kikin.html )として1億円集めるため全国を精力的に行脚しています。

 

 私も10月末に東京八王子で開かれた日本土地環境学会のセミナーで、「原発事故被災地の現状と未来」 ( http://www3.plala.or.jp/kantei/totikankyo.pdf ) と題した発表を行いましたが、その謝礼金5万円を全額支援基金に寄付させてもらいました。

 

 小泉元総理は、細川元総理大臣と共に、原発ゼロを目ざす国民運動にも力を注いでいます。

 

 共同通信社のインタビューで、『次期衆院選で野党が統一候補を擁立して「原発ゼロ」を争点化すれば、自民党が敗北するとの見通しを表明。原発再稼働に慎重な候補が当選した新潟、鹿児島の県知事選に触れ「目に見えない、うねりが出てきた。衆院選に影響がある」』と述べています。

 

 従来の「しがらみ」や「ゆきがかり」をきれいさっぱりと捨て去り、原発ゼロに余生を捧げるという「心意気」に胸をうたれた人々も少なくないようです。私もその1人です。

 

 高い志こそが、元気や勇気、度胸の源ではないかと、つくづく思う今日、このごろです。

PR
アーカイブ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
高橋雄三
性別:
男性
職業:
不動産鑑定士
自己紹介:

アクセス解析
忍者ブログ [PR]