忍者ブログ
・・・不動産と世相を本音で語り、真剣勝負で生きる・・・
[34]  [35]  [36]  [37]  [38]  [39]  [40]  [41]  [42]  [43]  [44
コンシェルジュというと普通はグレードの高いホテルの総合案内人・困り事相談役といった意味で使われているようです。経験を積んだホテルマン、しかもホテル内外のことだけでなく地域のことや人の心の裏表までもよく勉強していて、そばにいるだけで相手に安心感を与えてくれる、そんな役割を果たせる人を指しているようです。
20年程前のことです。自分も若かったので地元福島の稲門会(W大OBの集い)の幹事役をやっておりました。たまたまその頃は、福島県知事も福島市長も早稲田のOBであったので例会には顔を出してもらうことが多く、いつも盛り上がる会となっていました。ある年の新年会のことですが、桑折町にあるAブレーキの工場長が30分程遅れてかけつけてきました。事情を聞くと、会場を間違えて福島駅の西口にある「エルティ」に行ってしまったとのことです。「早稲田OBの新年会をやっているはずだが…」と駆け込んだところ、「エルティ」のフロントレディは「それは6時から仲間町の○○荘でやっています。」とすぐにタクシーを手配してくれたので、30分遅れで駆けつけることができたとのことでした。これぞコンシェルジュのお手本ではないでしょうか。お客様の困りごとにはすぐに対応できる、そんな体制を「エルティ」は日頃から整えていたということのようです。「エルティ」の手塚会長とはよく知った仲だったので「何でライバルの宴会予定まで分かるのか…」と何度か聞いてみましたが、「たまたまです…」とか「最高の企業秘密です…」としか返ってきません。
いま、20年前の出来事を思い出しながら二つのことを考えています。一つは、20年前から西口の「エルティ」は婚礼・宴会・コンベンション部門でダントツの一番店だったということです。お客様の中には「○○の集い」といえば「エルティ」という思い込み、刷り込みが強く、少しそそっかしい人は駆けこんでくるというケースも少なくなかったのかもしれません。そんな場合の対応として、同業他社の予定もチェックしておくという体制を整えたのでしょう。それにしても、たいしたものです。手塚会長が多額納税者番付の常連であったのもうなずけます。
考えたことの二つ目は、不動産仲介業者は、不動産のコンシェルジュ、住宅のコンシェルジュを目ざすべきではないかということです。ホテルに泊まる、宴会に出席するだけの人に対して、コンシェルジュといわれる人々はこれだけの準備と対応をしてくれるのです。わが社と社員は、一生に一度の高額の買い物をするお客様に対してどこまでの対応ができているのか、大いに反省させられます。
福島市内で土地を求め、住宅を探し、家を建てたいと考えているお客様のために、私どもが準備し、勉強し、対応すべき課題はまだまだ数多く残されています。しかし、福島市内で、情報量・経験・知識・信頼感で一番といわれるような住宅・不動産コンシェルジュを目ざして努力します。これがわが社の今年の目標の一つです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
アーカイブ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
本音言三
性別:
男性
職業:
不動産鑑定士
自己紹介:

アクセス解析
忍者ブログ [PR]