忍者ブログ
・・・不動産と世相を本音で語り、真剣勝負で生きる・・・
[259]  [258]  [257]  [256]  [255]  [254]  [253]  [252]  [251]  [250]  [249
土地神話が崩壊して20余年、福島市内にもマイナスの価値しかない物件が散見されるようになりました。
 
 例えば、飯坂温泉の中心部にある「旧若竹旅館」です。約250坪の敷地の上に6階建て70室の建物が建っています。
 
 今月21日福島地裁で競売に付され、最低入札価格93万2千円でしたが、誰も入札しませんでした。つまり売れなかったということです。
 
 この物件については、数人の知人から相談されて、調べていました。
 
 40年程前に、都市計画道路予定地が含まれることを無視して(県会議員の力を借りて)、鉄筋コンクリート造り6階建てのホテル建築を強行したようです。
 
 当然の結果として、今さら、大規模なリフォームをして福祉施設等に転用する際に必要とされる「建築確認」は不可能です。
 
 建物を解体撤去して、更地にすれば3,000万円程度の価格は付きそうな土地ですが、解体撤去費用が約4,000万円必要ですから、物件の価値としては、1,000万円のマイナス価値です。
 
 最終的には、街の美観を損ねるということで、地元観光協会や市当局が、解体撤去費用を負担して解決するのでしょうか。
 
 渡利の松齢橋の東側に「ホテルエンペラー」という旧ラブホテルがあります。
 
 30年程前に、何回か競売にかけられ、所有者が何度か替わりましたが、今では廃墟となっています。
 
 この物件も狭い敷地の上に7階建ての建物が建っており、解体撤去費が土地価格を上回るため、マイナス価値の物件となっています。
 
 福島市内ではありませんが、福島原発に近く、放射線量の高い地域の土地は、実質はマイナスの価値でしょう。
 
 これからは、色々な理由でマイナス価値となる物件が多くなるのではないでしょうか。
PR
アーカイブ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
本音言三
性別:
男性
職業:
不動産鑑定士
自己紹介:

アクセス解析
忍者ブログ [PR]